2日目は小雨となり、中庭で行われる予定だったイベントが体育館となってしまいましたがお天気を吹き飛ばす活気ある雪谷祭でした。

今年螢友会では昨年に続き「GAME DE KEIYU」で懐かしいゲームを楽しんでいただき、若人部による「卒業生に聞きたい~先生には聞けないあんなことやこんなこと~」で60期~62期の同窓生の生の声をまとめた掲示をご覧いただきました。

受付やお茶出しも若いメンバーとなり、新たな感じを抱かれた方たちも多かったのではないかと思います。
同窓会の打ち合わせに利用されている方も親子で卒業アルバムを見てお母様(同窓生)を楽しそうに探しているお子さんもいらっしゃいました。

今回、さらに修造かるた大会も2日間企画しました。
修造さんの熱いカルタ読みに爆笑しながらも目は必死にカルタを追っている姿素敵でした。
19期書家浅田聖子さんの書のパフォーマンスも教室でしていただきましたが、迫力ありひきこまれました。

2日目のパフォーマンスは教室に入り切らないくらいたくさんの方にいらしていただけました。
浅田さんが指導されている書道部のパフォーマンスも素晴らしかったです。
お越しくださった皆様本当にありがとうございました。

螢友会役員一同